大森病院

教育体制

高度急性期医療に対応した教育体制

高度急性期医療に対応した教育体制
患者さんの生命を守るケアと、個々の患者さんの自分らしい生活を支えるケアに力を入れています。
なかでもフィジカルアセスメント、高齢者看護、退院支援に関する研修を実施しています。専門看護師や認定看護師が講師となり、全看護師を対象にした実践で役立つプログラムを用意しています。今後も高度急性期医療に対応できる、臨床実践能力の高い看護師を育成するための研修体制を整えていきます。

新人看護師教育システム

新人看護師教育システム
  • 新人教育担当責任者を中心にして配属部署の全スタッフで新人看護師の教育を行います。
  • プリセプターは臨床経験3~5年の先輩看護師が担当します。
  • プリセプターシップ期間は4カ月です。
  • プリセプターはリアリティーショックの軽減が役割です。

院内留学制度

手術室や退院支援室、がん化学療法室など、希望する部署の看護を体験できます。手術室では、術中の体位や身体的負担などが理解でき、病棟でのケアに生かせると好評です。

院内留学制度