大森病院
トップページ
大森病院
大森病院の看護力

大森病院の看護力

看護力を発揮

専門性の高い看護を提供

がん放射線療法看護認定看護師

放射線治療室に配属になったとき、放射線に対する経験や知識不足から、患者さんへの対応が不十分と感じ、資格を取得しました。科学的根拠に基づいた放射線に対する正しい知識を伝え、患者さんの治療の意思決定を支援しています。あくまでも指導ではなく支援する姿勢を心がけています。
現在はケアの介入や院内での教育だけでなく、学会発表など院外にも活動の場を広げています。個々のスタッフが看護の力を発揮し、患者さんに介入することで、よりよいケアの提供につながっていると感じています。

がん放射線療法看護
認定看護師

チームで活躍する

東京DMATの活躍

救急・災害統括部

大震災等の自然災害や、都内で発生した大規模交通事故や工事現場での事故等での救命処置を行っています。DMATの活動には救急医療・看護の知識は不可欠ですが、基本的なスキルを磨くことで確実なケアが形成されます。災害という非日常の現場で迅速に行動するためには、日常の積み重ねが必要だと実感する日々です。

救急・災害統括部

密接なコミュニケーションを

Team STEPPSの実践

Team STEPPSの実践

医療チームのパフォーマンス向上を目的に導入されました。多職種が一緒に仕事をする中では「あれっ、おかしい」と感じたことを伝えても、その意図や重要性が伝わらないこともあります。しかし、そんな時にもう一度声をかけるには勇気が必要です。
TeamSTEPPSの研修では、安全の視点で感じたことを効果的に伝えるツールを学びました。それぞれの職種がお互いの立場を尊重し、チームの一員として情報共有することの大切さを実感しました。患者さんの安全のために学んだツールを活かして頑張っています。