東邦の看護
トップページ
東邦の看護
看護のキーワード

看護のキーワード

東邦の看護を表す3つのキーワード。
「思いやり」「真摯」「研鑽」

思いやり

「思いやり」の形はさまざま。
それは、単にやさしい対応だけでなく、ときには厳しさであるかもしれません。
それぞれが、相手の立場になって考えた行動が「思いやり」につながります。

佐倉病院 NICU

患者さんの急変時、何もできずにいた私に、リーダーがその状況をくみとった指導をしてくれました。このあと親身に振り返りをしてくれた先輩の思いやりを一生忘れません。

佐倉病院
NICU
大橋病院 個室病棟

自信のないケアについて先輩に確認したとき、ふだんは優しい先輩が、私が後輩に質問された際に答えられるよう、厳しく指導してくれました。その厳しさが、真のやさしさだと感じました。

大橋病院
個室病棟
大森病院 呼吸器外科病棟

看護師の日常の言動やケアは、患者さんに大きく影響します。忙しいときも患者さんのつらい思いをくみ取る時間を持ち、やさしい声かけと丁寧なかかわりを心がけています。

大森病院
呼吸器外科病棟
真摯

知識や技術の向上は大切ですが、患者さんを理解し誠実に対応することが必要です。
どんな場面でも患者さんやご家族に「真摯」に向き合うことを、
私たちは心がけています。

大森病院 呼吸器、耳鼻科、口腔外科病棟

ひと晩で不穏状態になった患者さんの手をにぎり、時間をかけて不安な思いを傾聴したところ、しだいに落ち着いてきました。患者さんに誠意をもって向き合う大切さを実感しました。

大森病院
呼吸器、耳鼻科、口腔外科病棟
大橋病院 救急外来

危機的状況下にある患者さんに対して冷静かつ迅速なケアをし、ご家族へも配慮していた先輩の姿がありました。命をつなぐ最前線で、患者さんと真剣にかかわることの重要性を学んでいます。

大橋病院
救急外来
佐倉病院 産婦人科病棟

患者さんに目線を合わせ、話を聞くことを心がけていたところ、ある患者さんから「丁寧な対応なので安心です。」と言われました。患者さんの心によりそい対話することで信頼を得ました。

佐倉病院
産婦人科病棟
研鑽

看護の仕事は、生涯にわたって学び続けることが求められます。
私たちは高度医療に対応した看護を実践するため、
一人ひとりの看護師が自己研鑽に努め、ステップアップしています。

大森病院 救命救急センター

入職当初から文献を調べたり学会に参加したり、多角的な視点で学ぶことを意識していました。この学びの積み重ねが、実践での根拠を持ったケアの提供につながっています。

大森病院
救命救急センター
大橋病院 神経内科、呼吸器内科病棟

病棟には高齢で認知症の患者さんも多く、どうかかわればいいか悩みましたが、認知症看護認定看護師の先輩から接し方やケアを学びました。勉強会にも参加して知識を深めています。

大橋病院
神経内科、呼吸器内科病棟
佐倉病院 手術室

現場では手術の流れの把握、器械出しの手順など、幅広い知識や技術が必要です。安全・安心な手術を提供できるよう、手術の振り返りを行っています。自己学習の必要性を実感しています。

佐倉病院
手術室