看護職員募集サイト

おおはし看護部ブログ 大橋病院看護部の様子を、現場の看護師がお伝えします。

フィジカルアセスメント基礎 研修



 この研修では、新人看護師が行うフィジカルアセスメントの重要性を1日かけて学びます。


それぞれ呼吸編・循環器編・腹部編・神経編の事例をもとに、患者さんに何が起こっているのか、何を観察しなければいけないのかを考えてシミュレーションを行います。

全員が「患者」「看護師」「観察者」の役割を体験し、それぞれの立場で考えます。
 まずはTシャツを着て、聴診の仕方や打診の方法を実践します。
すでに部署で患者さんの聴診を行っていたので、自分の手技の確認ができました。


 いよいよシミュレーション開始です。

最初に事例を紹介され、グループでどのようなことが考えられるか話し合い、どのように行動するかを相談します。
シミュレーションで求められるのは、患者の演技力です。
患者役が照れずに迫真の演技をすることで、看護師役も緊張感の中、観察しながらアセスメントができました。


 実際に患者さんを受け持っているので、講師の言っていることやファシリテーターのアドバイスも理解しやすかったです。
看護師が実施するフィジカルアセスメントの重要性が理解できた貴重な研修となりました。


 

≪教育師長より≫
この研修で学んだ事を実践してくれることを期待しています。


投稿日:2020年08月03日09時00分| 投稿者: 管理者| カテゴリ: 研修


前の記事次の記事