看護職員募集サイト

おおはし看護部ブログ 大橋病院看護部の様子を、現場の看護師がお伝えします。

BLS研修

大橋病院では、新人看護師に対して、部署ごとにBLS研修を開催しています。
BLSとは、心肺停止または呼吸停止に対する一時的救命処置のことを言います。

今回は、手術室での研修をご紹介します。
手術室では、新人看護師だけでなく、2年目の看護師も参加しました。


            

人が倒れているという設定で、まず意識や呼吸・脈拍の有無を確認し、周囲の人に協力を求めます。
次に、急変者が心肺停止状態であることから、CPR(心肺蘇生法)を行います。
心臓マッサージは1分間に100回のテンポが目安です。
大切なのは、質の高い胸骨圧迫を中断なく行う事。
ポイントは 速く強く押す(血液を高い圧力で送り出す)、胸壁をしっかり戻す(心臓に血液を充満させる)です。

心臓マッサージは、思った以上に力を要します。

新人の声
・焦るとテンポが速すぎたり、疲れると力が足りなくなったりしてしまって、難しい。
・1クールしか心臓マッサージをしていないのに、手が痛くなり、しびれてしまった
・交代する時に、しっかり声を掛け合って出来たので、中断せずに交代できた。チームワークの大切さも学べた。
手首が真っ赤に…
入職して3か月が経ち、新人看護師と2年目の先輩看護師との距離がぐっと近づいた研修となりました。


AED(自動体外式除細動器)のデモ機を使用する経験もしました。
院内にも多数配置されていますが、実際に触って操作する経験が無いので、実践的なトレーニングです。
新人の声
・このトレーニングが誰かの命を繋ぐことに活かされるといいなと思いました。

 渋谷区だけでもこれだけ多くのAEDが配置されています。
今回の研修で学んだ事を自分のものにして、院内だけでなく、院外でも活躍できる看護師になれますように!

投稿日:2021年07月19日09時00分| 投稿者: 管理者| カテゴリ: その他


前の記事次の記事