看護職員募集サイト

おおはし看護部ブログ 大橋病院看護部の様子を、現場の看護師がお伝えします。

7B病棟の紹介

                                                        

関東も梅雨入りして雨が多くなってきました。
夏が間近ですね。

今日は7B病棟を紹介ます。

7B病棟は個室のみの病棟となっています。
病床の数は他の病棟と比べて少ないのですが、全ての診療科に対応した病棟です。

よく患者さんに「ホテルみたい」といわれます。
絨毯、照明、家具も落ち着いた装いになっています。
病棟は入り口から雰囲気がガラッと変わります。
 

7B病棟の特徴は、全ての診療科の患者さんが入院してくるので、ベテランナースが多いです。
循環器が得意だったり、外科が得意だったり・・・
さまざまな経験を活かして、みんなで協力して病棟を支えています。
ベテランナースも日々勉強して努力をしています。



 

カンファレンスを行い、みんなで本を開き、教え合っていたひと場面です。

わからないことや不安なことをみんなで助け合って解決していきます。
 
今年からは新人ナースも仲間にはいりました。
診療科が多いだけに先輩ナースも新人ナースと日々勉強しながら頑張っています。
お互い切磋琢磨ですね。


病棟に来て2か月。
新人ナースに今の気持ちを聞いてみました。

「患者さんが気持ちを自分に話してくれるのが嬉しくなります」

「受け持ちが増えてわからないことも増えましたが、どの先輩に相談してもすぐ助けてくれるので安心しています」



 

こちらは患者さんのところに行く前に先輩ナースに確認や相談をする新人ナースの一場面です。

新人ナースも少しずつ受け持ちが増え、出来ることも多くなり、大変さも感じつつ喜びも感じているようです。
 

最後に個室病棟にしかいない重要なスタッフをご紹介します。

当病棟にはコンシェルジュがいます。
個室ならではの設備やサービスを中心に、患者さんに案内をしてくれます。
 私たちもお手本にしているほど所作が素敵で、接遇はピカ1です。
常に接遇の意識が欠けないように、見習っています。


こちらは季節によって廊下の絵を交換しているところの場面です。
細やかな配慮が嬉しいです。

 

素敵なスタッフに支えられている7B病棟の紹介でした。




投稿日:2022年06月24日10時00分| 投稿者: 看護部リポート| カテゴリ: 病棟紹介


前の記事次の記事