看護職員募集サイト

おおもり看護部ブログ 大森病院看護部の様子を、現場の看護師がお伝えします。

落ち葉が舞う季節になりなした

毎年恒例の秋季防災訓練を行いました

18時、首都北部直下型地震発災、大田区震度6
人的被害甚大、東京都が震災宣言発令をしたことを想定して訓練を行いました。

今年は、看護宿舎の職員の参集訓練も行いました。
3日分の食料をリュックサックに背負って登院、災害時に看護師として各自何をしなければならないか考えながら役割を遂行していきました。

傷病者役は肌や衣服にリアルなメイクをして臨みます。実際の現場さながらに訓練は進みました。

病院前のテントで最初のトリアージ
黄色タッグのトリアージ訓練中です
いつ起こるかわからない 震災に備えて訓練を行う大切さ を改めて実感しました。

産婦人科病棟を紹介します💛

産婦人科病棟は、一般病棟35床、母体胎児集中治療室9床を併設した
総合周産期母子医療センターです。

主に、正常妊婦・産婦・褥婦や正常新生児、切迫早産や切迫流産、妊娠悪阻、胎児治療の患者さん方が入院しています。
また、東京都をはじめ近県からの母体搬送を24時間365日受け入れています。
分娩件数は年間 約1000件 ❣❣
夫立ち会い分娩など、新しい家族の誕生を笑顔で踏み出せるよう援助しています。
外来通院中の妊婦さんのケアは病棟助産師が外来に行き、医師と協働してケアにあたっており、外来から入院・退院まで切れ目ないケアを行っています。

病棟ビジョンは、
「対象者のニーズを把握して、
  安全安心な助産ケアを提供する」



産まれてくる赤ちゃんを迎い入れる準備中!!
産まれた赤ちゃんとお母さんに寄り添います
お母さんと一緒に赤ちゃんをあやしています
市民公開講座も頑張っています!!
♬安心して子どもを産み育てる環境を一緒に作りませんか♬
 助産師一同お待ちしております♡


12月は、小児科病棟を紹介します。
楽しみに待っていて下さいね。

投稿日:2018年12月11日09時30分| 投稿者: 管理者| カテゴリ: 未設定


前の記事次の記事