ICUを紹介します

みなさん こんにちは!
     看護師20年目のS子です。



私は今年度からICUへ配属になりました♪
ICUはとにかく患者さんの転入出が多いです。
人工呼吸器を装着した患者さんが歩いてリハビリをしている姿にはとっても驚きました
では実際にICU病棟ではどんな看護が行われているかご紹介していきます。
 
ICUは6床あり全身管理が必要な重症患者さんの治療を行っています。
ベッドの周りには医療機器が多く設置されています。

ICUに入室する手術後の患者さんは翌日から理学療法士と一緒にリハビリを行います。
患者さんの安全が守れるように細心の注意を払って実施しています。

リハビリは午前・午後と一日2回行っています。
患者さんの状態に合わせてリハビリの内容を変更することもあります。

経口挿管中でも筆談で一人一人に寄り添って、コミュニケーションをとっています。



病棟では日々患者さんの治療方針や看護ケアをスタッフで話し合いを行っています。

重症な患者さん・家族に対応する
   【重症患者対応メディエーター】
        も今年度から配置されました。
実は私、S子がメディエーターをやっています!


患者さん・家族が感じている不安や不満、医師や看護師などが困難だと感じる思いなど、お互いの『伝えたい』思いの橋渡しをしています。




ICUでは生命維持に必要な機器を管理するため、臨床検査技師から勉強会を実施してもらったり、スタッフ同士で学べる環境があります。

特定行為看護師ってご存じですか?
特定行為看護師は高度な知識と技術を習得し、患者さんにタイムリーなケアをします。

ICUには特定行為研修を受講しているスタッフがいます。
医師の指導の下、日々自己研鑽を積んでいます!

 皆さんも一緒にICUで働きませんか?スタッフ一同お待ちしてます!!

投稿者:管理者

トップページに戻る

Top