先輩メッセージ
トップページ
先輩メッセージ
大森病院:H.Kさん、I.Sさん

大森病院:H.Kさん、I.Sさん

プリセプティ・プリセプターペア、1年を振り返る!

H.Kさん(プリセプティ 左側)
勤務歴:2年目
出身校:東邦大学(看護学部)
 
I.Sさん(プリセプター 右側)
勤務歴:4年目
出身校:東邦大学(看護学部)
 
部署:整形病棟
 
Hさんへ プリセプターIさんからのサポートで嬉しかったことは?
入職して間もない頃、仕事に行くことだけで精一杯で <患者さんに看護と言えることが何もできていない> <本当に看護師になれているのか>、と毎日不安ばかりでした。
その時にIさんから、「今日はここができていたね」「次はこうするともっといいね」と声をかけてもらったことで、今、自分ができていることや看護について実感することができ、それが励みになり嬉しかったです。
HさんにとってプリセプターIさんはどんな存在でしたか
困った時はもちろん、そうでない時も、いつでも何でも相談できて、1番頼りにしている存在です。
ある時、私が失敗をしてしまった事があり、リーダーナースに報告・振り返りをしていた時のことです。
Iさんは私と一緒にその場にいてくれて、とても申し訳なく感じていましたが、Iさんから「プリセプターだから当たり前だよ。気にしなくていいよ。」と言ってもらったことが忘れられません。
Iさんへ プリセプティHさんが「成長したな」と感じた時は、どんな時でしたか
入職して最初のころは受け持ちが2~3人でしたが、今では複数の人数を受け持っています。
多重課題に追われていても、その都度タイムスケジュールを組み直して頑張っています。
また、患者さんと楽しそうにコミュニケーションを取る姿、自分で考えて医師に相談している場面を見ると成長しているなと感じます。
そんな姿を見るたびにプリセプターとして嬉しく思います。
頼もしい後輩に成長しています。
 2022年4月記