先輩メッセージ
トップページ
先輩メッセージ
大橋病院:H.Mさん

大橋病院:H.Mさん

患者さんが「大切にされていると」と感じられる看護を実践!

大橋病院:H.Mさん
部 署:整形外科、泌尿器科、皮膚科、小児
勤務歴:0~1年
出身校:武蔵野大学
仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?
大橋病院では、「何を大切に看護するか」を大切にした教育を行っています。そのため、新人看護師でも、患者さんの思いに添えるような看護を常に考えています。私は、今、患者さんが「自分は大切にされている」と感じられるような看護を提供することを心がけています。
仕事のどんなところにやりがいを感じますか?
配属は、整形外科、泌尿器科、小児科、皮膚科の混合病棟です。病状が変化した患者さんや周術期の患者さんなど、安静臥床の患者さんが日を追うごとに回復に向かっている姿や、笑顔が見られるようになったとき、看護師になってよかったと思います。
看護学生のみなさんへ!
日々の授業、実習、国家試験の勉強など、学生時代の学びは必ず役に立ちます。学生時代は、他学部の学生と比べて時間がないと感じることも多いと思いますが、学生時代に経験したことや学んだことは、必ず、就職してから看護に役立ちます。学生時代を精一杯楽しみながら、たくさん学んでください。
(2019年12月 記)