先輩メッセージ
トップページ
先輩メッセージ
大橋病院:M・Hさん

大橋病院:M・Hさん

患者さんが「大切にされていると」と感じられる看護を実践!

大橋病院:M・Hさん
部 署:整形外科、泌尿器科、皮膚科、小児病棟                    勤務歴:0~1年
出身校:武蔵野大学
就職活動の時、病院選びで一番大切にしていた点は何ですか。
興味のある領域の診療科があるか、実習やインターンシップの雰囲気が良いのか、この環境で働きたいと思ったかなど、自分の気持ちを大切にしました。私の大学は付属の病院がなかったため、実習先の病院が領域ごとに毎回変わっていました。そのため、インターンシップや合同説明会も含め、多くの病院を見学し、病院の規模や機能、雰囲気などを考えるチャンスがたくさんありました。興味のある領域、雰囲気以外にも、プライベートも充実できそうかなども考えて選びました。一番重要視したのは、看護師として成長するうえで、自分の目標とする看護師像に近づけることができる、教育制度のしっかりした病院を選びました。
現在の仕事について教えてください。
基本的な看護技術や看護観など、新人研修での学びをいかし、日々患者さんに関わっています。1年目は出来ることは多くはありませんが、日々の業務を覚えることと同時に、解剖生理や疾患、治療などの自己学習や研修などで知識を深め、今自分ができる看護を部署の先輩や他職種の力を借りて行っています。
へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは何ですか。
1日の看護業務で、優先順位がうまくつけられない時など、落ち込みます。そんな時は家族や友人、同期に話を聞いてもらい、励まされて立ち直ってきました。部署では、プリセプターや先輩たちが相談にのってくれました。話ができる、話を聞いてもらえる家族や仲間がいることは、大きな力になっています。また、困った時に相談できる職場環境であることも、大きな力になっています。
(2019年12月 記)