先輩メッセージ
トップページ
先輩メッセージ
佐倉病院:A・Tさん S・Eさん

佐倉病院:A・Tさん S・Eさん

2021年度 プリセプター・プリセプティペア 1年を振り返る!

佐倉病院:A・Tさん S・Eさん
佐倉病院:A・Tさん S・Eさん
A・Tさん (プリセプター 左側)
勤務歴:5年目
出身校:東邦大学佐倉看護専門学校

S・Eさん (プリセプティ 右側)
勤務歴:2年目
出身校:東邦大学 健康科学部

部 署:ICU・CCU
【プリセプティS・Eさん】  プリセプターからのサポートで、嬉しかったことはどんなことですか?
困っていると、必ず声をかけてくださることです。患者さんの病態が難しくて頭をひねっている時、物品の場所が分からず探している時、リーダーに声を掛けて良いタイミングが分からない時、看護計画で悩んでいる時、少し元気が出ない時、いつも「大丈夫?」と声をかけてくださり、そのたびに安心した気持ちになりました。
【プリセプティS・Eさん】  あなたにとってプリセプターはどんな存在でしたか。また今後の抱負を教えてください。
お兄ちゃんのような存在です。私の看護を一緒に振り返りながら、できているところ、改善すべきところをその都度整理していただき、知識・技術のブラッシュアップができました。
今後は、今ある知識の「点」を更に増やして、点から「線」に、そして「面」になり、患者さんを包括的に看護できるように頑張ります。
【プリセプターA・Tさん】  プリセプティとの関わりで、最も印象に残っているエピソードを教えてください。
患者さんのことを共に考えたとき、プリセプティが涙を流したことが印象深いです。患者さんのために何ができるか考え、患者さんの前では凛々しく、心では患者さんのことを思うあまり感極まってしまうことがありました。彼女の看護が垣間見えた瞬間でした。また、プリセプティ自ら、周囲に声をかける姿を見ることができて嬉しく思いながら、「自分も頑張らないといけない」と思いました。
(2022年4月 記)