先輩メッセージ
トップページ
先輩メッセージ
佐倉病院:F.Hさん

佐倉病院:F.Hさん

患者さんによりそう看護を心がけています!

佐倉病院:F.Hさん
部 署:消化器外科・消化器内科
勤務歴:2年目
出身校:西南女学院大学
佐倉病院に就職を決めた理由はなんですか?
一番の決め手は、佐倉病院のインターンシップに参加し、環境や医療・看護体制に魅力を感じたことです。私は関東の病院への就職を希望していたため、気になったいくつかの病院のインターンシップに参加しました。そのなかでも佐倉病院は、急性期病院でありながらもアットホームな雰囲気があり、忙しい中でも学生である私に気軽に声をかけてくれたことがとてもうれしく、一番印象に残りました。また、ユニット制を取り入れているため、病棟と外来の両方を経験することができ、退院後の患者さんとも関われるという点が私の中で大きな魅力でした。
就職してから今までに受けた研修で、役に立った!やっておいてよかった!!と思った研修はありますか。
1年目は新人として、様々な内容の研修を全員で行いますが、2年目以降は自分自身で受けたい研修を選択し、受講することになります。今回、”感染予防”研修を受けました。感染予防は、病院勤務をする中で一番身近であり、かつ重要なことであるため、日々意識しながら看護を行っていますが、実際に研修を受講し大きな学びを得ました。講師である感染管理認定看護師からの指導や最新情報を教えてもらい、新たな視点や注意すべきことなどを再認識することが出来ました。基本的なことも多く学びましたが、自分自身の意識を改善する事や患者さんの感染予防強化につながり、実践に生かせる学び多い研修でした。
東邦大学医療センター佐倉病院の「ここが好き!」というところを教えてください。
私が当院で一番好きなのは、病院全体がアットホームで患者さんのことを第一に考えているところです。職種に関係なく、廊下ですれ違えば挨拶も活発!患者さんのことも一緒に考え、専門的な立場から意見をもらい、“患者さんのために何ができるか”をみんなで考えます。情報共有がスムーズなため、患者さんの希望に添った医療・看護が提供できていると思います。
(2019年12月 記)