先輩メッセージ
トップページ
先輩メッセージ
佐倉病院:N.Kさん

佐倉病院:N.Kさん

患者さんの命を守る手術看護

佐倉病院:N.Kさん
部 署:手術室
勤務歴:0~1年
出身校:日本医療大学
入職を決めた理由について
地元で開催された企業主催合同説明会にて、地域に根ざしている病院だと説明を聞き、どんな病院なんだろうと興味を持ちインターンシップに参加しました。
実際にインターンシップに参加したときに、スタッフの皆さんが話しやすく、他校生の私が就職しても溶け込みやすい印象を持ちました。
実際に、1年目の看護師さんが一人でケアをしている場面を見ました。患者さんと話しながらも、手際よくケアを行っている姿を見て、新人教育がしっかりしているのだと感じました。病院の雰囲気と、教育体制の充実から、佐倉病院に入職したいと思いました。
仕事のやりがいについて
病棟のように長期的にケアする事はできませんが、人生の一大事である手術に向き合う看護には大きな意味を感じます。「手術室の看護師は、話すことも痛みを感じることも出来ない患者さんの代弁者である」という事を実感しています。手術室では、病棟のように患者さんから直接感謝の言葉をもらうことは稀ですが、局所麻酔で手術をした患者さんから感謝の言葉をもらうこともあります。
また、術者からよい評価をもらうこともあり、病棟看護とは違ったやりがいもあります。
他職種と協力をしながら患者さんの命を守っているという事に、誇りとやりがいを感じています。手術室は、実習で体験できる範囲が限られているので、学生の皆さんには手術室の良さが伝わりにくいかもしれませんが、手術室でしか分からない事、経験できないことがあります。今ここで誇りを持って働けていることが、やりがいに繋がっています。
オフの過ごし方について
入職当初は、今まで関わる事のなかった手術について勉強するだけで休日が終わってしまうこともありましたが、今は遊びに出かける余裕が少しずつ出てきました。
友人と遊びに出かけたり、成田空港まで1時間程なので格安航空券で旅行をすることもあります。家でゆっくり過ごすこともあり、心も体もリフレッシュできています。
(2018年12月 記)