先輩メッセージ
トップページ
先輩メッセージ
佐倉病院:R.Yさん

佐倉病院:R.Yさん

患者さんの思いによりそい、患者さん個々に合った指導を目指しています!

佐倉病院:R.Yさん
部 署:脳神経外科・内科、泌尿器科
勤務歴:2年目
出身校:秋田看護福祉大学
佐倉病院に就職を決めた理由はなんですか?
佐倉病院には大学の先輩が就職していたので名前は知っていましたが、大学で開催した「病院説明会」で詳しい説明を聞き、関心を持ちました。
私は関東での就職を希望していたので、佐倉病院を含め、関東の複数施設のインターンシップに参加しました。その中でも、当院でのインターンシップが一番心に残りました。それは、職種に関係なく、廊下で挨拶し合う姿、病棟では多職種と連携している姿を見て、病院全体の雰囲気の良さを感じたからです。
そして就職の決め手になったのは、忙しい中でも学生である私に気軽に声をかけてくれたこと、そして自分がやりたいと考えていることをサポートしてくれる病院だと感じたことです。
仕事のどんなところにやりがいを感じますか?
泌尿器科の患者さんに対し、様々な指導を行っています。そのなかで、看護師への依存度が高く、自身で実施する意欲が低下している患者さん、逆になんでも自分でしようと頑張るあまり、上手に実施できずに落ち込んでしまう患者さんもいらっしゃいます。
私は、患者さんの行動の裏にある思いや背景などもくみ取りながら、患者さんに合った指導をしたいと思っています。指導内容について患者さんに納得、理解していただき、一人で実施できるようになった姿をみると嬉しくなります。さらに、その患者さんが手技をマスターし、自宅に帰る姿を見ると本当にやりがいを感じます。
患者さんそれぞれに合った指導方法があると思います。これからも、患者さんのことを第一に考え、患者さんに合った指導を考え、実践していきたいです。
就職してから今までにどのような研修を受けましたか?
入職1年目は社会人としてのマナー研修を行い、病棟に慣れてきた頃にフィジカルアセスメント研修を受講しました。研修では、同期と意見を出し合い、話し合うことで学びを深め、意識を高め合うことができました。
また、研修は同期と近況報告をする機会にもなり、部署を超えた仲間も作ることができました。2年目にはリスクマネジメントと患者教育の研修を受講しました。リスクマネジメント研修では、日常場面のイラストから起こりうる危険を予測し、どのようにしたら危険を防ぐことが出来るのかを考えました。危険を察知する能力が高められたかな、と感じています。
患者教育研修では、指導のあり方やコミュニケーション技法についてあらためて学ぶことができました。
(2019年12月 記)