先輩メッセージ
トップページ
先輩メッセージ
佐倉病院:T.Yさん

佐倉病院:T.Yさん

笑顔と仕事への情熱、病棟No1を目指します!

佐倉病院:T.Yさん
部 署:循環器内科、心臓血管外科、眼科
勤務歴:2年目
出身校:杏林大学
就職活動のとき、病院選びで一番大切にしたことは何ですか?
一番大切にしたのは、病院や医療者の雰囲気です。それは、職場風土や雰囲気が自分の就職後のモチベーションや意欲に深く関わると思ったからです。卒業校での看護研究テーマが、新人看護師の離職や就職先選択条件に関する研究だったことも大きかったと思います。
私は、就職した後にみんなのように仕事が続けられるのか心配で、とても不安でした。だから、「新人はどの病院に就職しても大変なんだ」と考えるようにし、それならば自分にとって居心地の良い職場・自分が頑張りたいと思える環境で働きたいと考えたのです。
「雰囲気」というのは抽象的ですが、インターンシップに参加した際は、看護師の患者さん・学生への対応を近くで見て、自分や家族が患者であったらこの病院で看護を受けたい、こんな先輩がいるところで働きたい、と思える病院を選びました。それが佐倉病院でした。
そして、もうすぐ3年目になろうとしています。就活をしている時に心配や不安があったからこそ、慎重に病院選びをしたことが今に繋がっていると思います。
新人研修のここが役に立った!というところを教えてください。
優先順位や多重課題・フィジカルアセスメン研修など、具体的な事例に基づいた実践的な研修が勉強になりました。
入職したころ、病棟で仕事をしている時についつい焦ってしまう傾向があり、一つひとつのことに対して状況を考え、行動することが難しかったように思います。研修では1つの事例を丁寧に深めて考えることで、優先順位・状況判断をする考え方について基礎から学ぶことができました。
また、研修だからこそちょっと恥ずかしいな、と思うような意見も言えましたし、失敗も怖くなかったので、いろいろ改善点を見つけることができました。研修での実践演習は私のベースになっています。
研修が同期との交流の機会であることも1年目の私にはとても重要でした。
将来の夢(仕事・プライベート)を教えてください。
まだ目の前のことで精一杯で具体的な方向性は決められていません。でも、来年は今より自信を持って心臓血管外科の患者さんの術後看護を行えるよう、自己学習と経験を積みたいと思っています。
また、外来勤務のローテーションが予定されているため、術前の看護や退院後の継続看護など外来で必要とされる様々な看護について勉強し、知識を深めていきたいです。
(2020年2月 記)