大橋病院
トップページ
大橋病院
大橋病院の特長

大橋病院の特長

ぬくもりがつなぐ看護

第二次救急指定病院・地域医療支援病院・東京都がん診療連携協力病院
第二次救急指定病院として高度先進医療を提供し、地域医療支援病院として地域医療に貢献しています。急性期病院としての役割とあたたかみのある医療環境を併せ持つ大学病院です。2018年6月に新たな都市型モデル病院としてスタートしましたが、患者さんの意思決定を尊重した看護を目指す姿勢は変わりません。看護師として成長するために、専門的な知識・技術を習得すること、「何を大切に看護するか」を常に問い続けることが大切だと考えます。看護観を深め、患者さんへの思いやりの気持ちを大切に看護を提供していきます。

都市型の大学病院として先進的医療を提供

目黒区、世田谷区、渋谷区に隣接する都市型の大学病院としての役割を担っています。地域の医療機関と連携し、リスクの高い患者さんを受け入れています。

大橋病院アクセスマップ

副院長・看護部長 影山美子からのメッセージ

副院長・看護部長 影山美子

患者さんの意思決定を支援し、心によりそう看護を提供

新病院は2018年6月に二次救急指定病院・地域医療支援病院としての役割に加えて、高度急性期病院としてスタートしました。新病院は最先端の機器が導入され、さらに高度な医療が提供できるようになりました。
また、入院病室は患者さんのプライバシーが守られるような仕切り家具が置かれるなど、療養スペースは格段に充実しました。
今後、高度急性期の現場ではますます在院日数の短縮が求められますが、患者さんの意思決定を支援し、自らが治療や療養の場が選択できるような看護を提供する姿勢に変わりはありません。

看護部では、高度な医療に対応できる知識・技術の修得はもちろんのこと、多職種との連携を強化し、看護の視点で「何を大切に看護するか」を常に考え、最良な看護が行える人材育成に力を入れています。一緒に心によりそう看護を実践していきましょう。

大橋病院概要

大橋病院
開設 1964年
病床数 319床
職員数 980名(看護職員数502名)
外来患者数 1,034名(1日平均)
入院患者数 289名(1日平均)
看護配置 7:1
勤務体制 二交替制
看護方式 固定チームナーシング
専門看護師 2名(がん看護)
認定看護師 22名(がん化学療法看護、がん性疼痛看護、感染管理、緩和ケア、集中ケア、摂食・嚥下障害看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア、透析看護、脳卒中リハビリテーション看護、慢性心不全看護、糖尿病看護)
(2018年9月 現在)