大橋病院
トップページ
大橋病院
大橋病院の特長

大橋病院の特長

ぬくもりがつなぐ看護

第二次救急指定病院・地域医療支援病院・東京都がん診療連携協力病院
第二次救急医療機関の大学病院として、最新の医療設備を配備し、高度先進医療を提供しています。
また、地域医療支援病院として、24時間体制で患者さんのニーズに対応した医療を行っています。
看護部では、特定の領域にとどまらず、あらゆる対象者に対して適切な看護が提供できるジェネラリストナースを育成しています。
患者さんの意思決定を支援し、生きる力を引き出し、支える看護を提供しています。

都市型の大学病院として先進的医療を提供

目黒区、世田谷区、渋谷区に隣接する都市型の大学病院としての役割を担っています。地域の医療機関と連携し、リスクの高い患者さんを受け入れています。

大橋病院アクセスマップ

副院長・看護部長 遠藤敏子からのメッセージ

副院長・看護部長 遠藤敏子

当院の誇りあるジェネラリストナースたちと一緒に看護を実践しませんか。

新病院に移転し、1年が過ぎました。病床数は319床とコンパクトになりましたが、高度で専門的な医療を提供する「高度急性期病院」であるとともに、地域医療機関と連携し信頼される中核病院として医療を提供しています。
移転を機に『生きる力を引き出し、支える看護を提供します。』を看護部の新たな理念に掲げました。患者さんの一番身近な存在として、その思いや生き方を理解し、生きる力を最大限に引き出し、それを支える看護を目指しています。この看護部理念を実践するためには、ジェネラリストナースの育成が重要です。
自ら学ぶ姿勢を新人看護師から身につけ、「何を大切に看護するか」を語り合い、看護の意味づけができるような教育体制のもと人材育成しています。当院には、ひとつの疾患にとらわれずに、全人的な看護を実践できるジェネラリストナースが活躍しています。
当院の誇りあるジェネラリストナースたちと一緒に看護を実践しませんか。

大橋病院概要

大橋病院
開設 1964年
病床数 319床
職員数 980名(看護職員数440名)
外来患者数 1,069名(1日平均)
入院患者数 289名(1日平均)
看護配置 7:1
勤務体制 二交替制
看護方式 固定チームナーシング
専門看護師 2名(がん看護)
認定看護師 21名(がん化学療法看護、がん性疼痛看護、感染管理、緩和ケア、集中ケア、摂食・嚥下障害看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア、透析看護、脳卒中リハビリテーション看護、慢性心不全看護、糖尿病看護)
(2019年9月 現在)