佐倉病院
トップページ
佐倉病院
佐倉病院の特長

佐倉病院の特長

一人一人の思いによりそい、
その人らしく生きることを支える看護の提供

第二次救急指定病院・災害拠点病院・地域医療支援病院・千葉県がん診療連携協力病院
地域の中核病院として高度医療を実践しています。「安全で質の高い医療を提供する病院」「楽しく明るくチャレンジする病院」などの理念のもと、職員一丸となり地域に愛される病院づくりを目指しています。看護部では、医師や多職種と連携を図りながら、個々の専門性を発揮し、質の高い看護を提供しています。患者さん・ご家族に「安心できる病院」として満足いただけることと、職員が楽しく生き生きと、やりがいの持てる看護を実践できる環境づくりをしています。

地域の人々を守り、支える病院

千葉県佐倉市郊外の自然豊かなエリアで地域に根ざし、住民とつながることを目指しています。
やすらぎと心のかよう看護・医療を提供します。

佐倉病院アクセスマップ

副院長・看護部長 髙橋初枝からのメッセージ

副院長・看護部長 髙橋初枝

患者・家族の最善をともに考え、その人らしく生きることを 支えます

東邦大学医療センター佐倉病院は、千葉県佐倉市にある地域密着型の急性期医療を提供する大学病院です。私たち看護部は2021年看護理念を見直し、「患者・家族の最善をともに考え、その人らしく生きることを支えます」に変更しました。社会の変化や医療を取り巻く情勢から看護師に求められる役割はますます拡大し、さまざまな分野で必要とされています。専門的な知識・技術を基盤としながら、一番大切にしたいのは、患者さん・ご家族の思いによりそい、患者さん・ご家族の最善をともに考え、その人らしく生きることを支える看護の提供です。そのための看護師育成に必要な教育環境を整えています。入職後は丁寧なオリエンテーションと年間を通して新人の成長をサポートしています。新人時代を過ぎると「自ら考え、学び、行動する」をテーマにキャリアアップができる体制を整えています。その環境の中で、生き生きとやりがいを持って働く当院の看護師と一緒に理想の看護を目指してチャレンジしましょう。

佐倉病院概要

佐倉病院
開設 1991年
病床数 447床
職員数 972名(看護職員数518名)
外来患者数 1,034名(1日平均)
入院患者数 373名(1日平均)
看護配置 7:1
勤務体制 二交替制
看護方式 固定チームナーシング・継続受け持ち制
認定看護師 20名(がん化学療法看護、がん性疼痛看護、がん放射線療法看護、緩和ケア、感染管理、新生児集中ケア、糖尿病看護、皮膚・排泄ケア、不妊症看護、摂食・嚥下障害看護、集中ケア、救急看護、手術看護、脳卒中リハビリテーション看護、認知症看護)
診療看護師 1名
特定看護師 2名
(2021年9月 現在)